「2050年問題」とは?


2050年問題」とは、2050年の日本と世界で予想される以下のような問題です。

人口減少、少子高齢化、労働力の減少、社会保障費の増大、インフラの老朽化、地球温暖化、気候変動、食糧問題、AI による仕事減少、医者不足等々。


以上のような様々な問題を、大きく三つに分け、さらにそれらに伴う問題点を挙げてみると…


1. 少子高齢化・家庭崩壊

超高齢社会とそれに伴う社会保障費の増大

 ☞ 認知症患者の増加、老老介護、国家の財政破綻など

地方都市の消滅

 ☞ 農家の減少、地方の医者不足、過疎化など

少子化問題(若者の減少)

 ☞ 人口減少、税収の減少、労働力不足、国力低下、結婚しない社会、孤独死など


2. 環境問題

地球温暖化気候変動

 ☞ 水不足、食料問題、生態系の崩壊、海面上昇など

② インフラの老朽化

③ 空き家の増加


3. 技術革新に伴う問題

① AI 化
② 生命倫理問題


以上、日本と世界で予想される「2050年問題」を簡単にご紹介しました。

さて、これらの中で、あなたが特に関心のある問題とは何でしょうか?


また、あなたが関心のある問題について、これからあなた自身が取り組んでみたいこととは何でしょうか?


さらにその問題について、これからあなたが、誰かと取り組んでみたいこととは何でしょうか?


まずはあなた自身で考えてみてください。


「2050年問題」は、私たちの日本の問題だからこそ、私たちの問題です。


そして、「2050年問題」を解くのは、私たちです。


「提言JAPAN 2050 Youth Fes.」は、若者1万人で「2050年問題」を「自分ごと化」する大会です。


32年後の日本のために、あなたのご参加をお待ちしています。